phaの日記

毎日寝て暮らしたい

なつやすみのどくしょかんそうぶん



京極夏彦『陰摩羅鬼の瑕』ISBN:4061822934

 うん、確かに「陰摩羅鬼」で確かに「瑕」だな。京極夏彦を読むのは久しぶりでしたが楽しめました。
 妖怪シリーズもいろいろ変遷を経てきたけれども、これは『姑獲鳥の夏』のところに戻ってきた感じがする。何を見せたいかがはっきりしていて、無駄に広がりすぎていない。テーマとなるもの(「瑕」)のまわりに戯言をまぶしていくという基本構造。
 榎木津が周りを掻き回し関口がおろおろし京極堂が講釈を垂れるという、キャラクターはそれぞれの役割を小説の構成に必要な分量だけきっちりと果たして、他に余計なことをしない。構造的にも無駄がない。作品としての完成度は高いと思う。
 京極夏彦はこれくらいの完成度の物をコンスタントを作り続けられる技量を身につけているのだろうけれど、まあ、同じようなものばかり作っても面白くない、新しいことに挑戦しよう、ということで、次の作品はまた違った色合いになるのでしょう。

この本のISBNを含むはてなダイアリー一覧