読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

phaの日記

毎日寝て暮らしたい

Gumroadでゴミを売ろう



満開の桜もいつしか葉桜となり、滞納している保険等の督促状が郵便受けに溜まる季節になりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。日本は何をするにも物価がとても高いですね。金。金。何とか楽してお金を手に入れたいのですが、ハードディスクに溜まったゴミをお金に換えることができないかと思ってGumroadで出品してみます。

ニートスタジオ録音
前に平日昼間にニートが集まって貸しスタジオで音を出したときの録音です。ぐだぐだです。
短歌五首(メロウ)
phaが10年前くらいに書いた甘ったるい短歌です。

Sパックの内容に加えて、

ニートのための世界史入門 予定表
昔に第一回だけ書いてそのあとだるくなって辞めてしまった「ニートのための世界史入門」で書くつもりだった内容の概要です。
詩「それをしないで」
phaが10年前ぐらいに書いた詩です。
ニートスタジオ録画
ニートスタジオ録画。僕は適当にギターを鳴らしたりしてます。
松沢病院入院記
友達のうさこさんがアル中で自殺未遂して松沢病院に入れられたときの日記です。


以下はGumroadの紹介です。

GumroadというのはネットのURLを販売するという仕組みで、ネット上にコンテンツを置いてそのURLを登録すればコンテンツを売れるわけですが、特長としては、とにかくシンプル。買う方は会員登録すら要らずにクレジットカード番号を入力すればそれだけで買えるという手軽さが売りです。寺田克也さんがイラストを2ドルで販売したということで話題にもなりました。

解説としては以下のfladdict.netの記事が分かりやすいです。

ただ気をつけるべき点としては、あくまでGumroadはURLを売る=紹介するだけという形式だけなので、URLがどこかから漏れてしまうと誰でもGumroadを通さずにファイルにアクセスできてしまう。だから1万円で高価なソフトウェアを売る、とかいうことをやっちゃうと、URLだけがどっかから流出して無料で落とす人が増えてしまう。だから、頑張れば無料で手に入るかもしれないけどまあ面倒だからちょっとお金を出してもいいな、とか、少額だけど作者にお金を払って応援したい、というぐらいのものを売るのに向いている。

ということでゴミをインターネットで売ろう。

上のまとめなんかを見ても「博多ドンタコスって書いた.txtファイル」「俺の銀歯の写真」「俺の実名」とかどうでもいいものがたくさん売っている。Gumroadのサイトを見ても、売るといいものとして、

開発中のゲームのベータ版。
あなたがリリースしなかった音楽。 ファンは気に入るかもしれません。
何時間もかけて描いた未使用の絵。
開発したキラーアプリのソースコード

なんかが書いてあるので、そういう未完成なもの、商品として売るには一歩足りないもの、を売るのは推奨されているようだ。僕も、ずっと無料で配布していたEasyBotterというTwitterbotを作るプログラムを、無料でも配布しつつ、作者にコーヒーを一杯おごってからEasyBotterをダウンロードする on Gumroadというリンクも作ってみました。よろしくおねがいします。マネー。

スクリーンショット 2012-04-19 0.09.54

そこそこ売れた