読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

phaの日記

毎日寝て暮らしたい

ピピ島で10分くらい泳いだ

ブログ観光大使


P1050802

プーケットから船で一時間くらい、リゾートとして有名なピピ島コ・ピピ)に行ってみました。見たことないけど「ザ・ビーチ」という映画の舞台として有名らしいですね。プーケットに遊びに来る人の3分の1くらいはピピ島に行くそうです。


P1050822
100人くらい乗れる綺麗な船で向かいます。


P1050796
船内に貼ってあったピピ島の地図。


P1050795

P1050804

空いてたので椅子で横になることができました。船の中ではずっとミスタービーンが上映されてた。


P1050825
到着。


P1050860
ウェルカム・トゥ・ピ・ピ・アイランド。


P1050826
スタッフの人が持ってる案内板。ランチの時間以外は基本的に自由に過ごす感じです。
プーケットから日帰りで行って帰ってくるツアーに参加したんですが、ツアーの他の参加者は白人(タイ語でファランという)が多かったです。7割くらいがロシア人を中心とした白人で、あとがタイ人・中国人・韓国人・インド人・日本人、みたいな感じ。あと参加者の8割くらいが男女カップルでしたが、僕はギークハウスプーケットの川辺さんと僕というおっさん二人組で向かいました。


P1050851
ビーチだ。

「天気が良ければビーチにトップレスのロシア人女性がたくさんいるよ」と聞いたのでそれを楽しみにわくわくしてやってきたのですが、あいにくその日は天気が悪かったせいかトップレスのロシア人女性は一人もいませんでした。今度来るときは貞淑な淑女も全てを脱ぎ捨てて生まれたままの姿に還りたくなるような炎天下の日にやってきて灼熱の太陽の下に白い裸身を惜しげもなく晒すトップレスのロシア人女性をたくさん見たいと思いました。


P1050835

海。


P1050838

せっかくだから泳ぐか、というかここでは泳ぐ以外に特にすることがないんですが、体力がないので10分くらい泳いだら疲れました。海は綺麗だったです。


P1050841
昼食もツアーについています。味はまあまあ。



島のビーチから港まで小さいボートで移動したときの動画。



島の中心部に移動してみた。
P1050847

P1050848

P1050852

港の周りにはたくさん店が集まっていて、ごはんを食べたり土産物を買ったりすることができます。


P1050861

楽しかった。今度はkindleでも持ってきて海のそばでひたすら本を読んだりしたいですね。

Kindle Paperwhite (2012年モデル)

Kindle Paperwhite (2012年モデル)